キャンプには防水デジタルカメラが便利(2017年)

2017年6月1日

オリンパス タフ

こんにちは、万次郎です。
本格的なキャンプシーズンが始まり、私の防水デジタルカメラの活躍の場が増えそうです。
アウトドアで汚れた手や雨の中でも気を使わずに写真を撮影する時に、防水機能や防塵機能のあるデジタルカメラは、本当に便利です。

毎年、改良された高機能なカメラが発売されますが、デジタルカメラなんて、そうそう買いなおすものでもないので、購入の時は色々と調査すると思います。

写真は、私のカメラですが、オリンパスのタフ(TOUGH)です。
数年前に購入しましたが、今も十分な機能です。

オリンパスTOUGHの基本機能と性能

私のカメラで撮影したものです。
プラスティックの水槽ごしなので、若干ぼけていますが、なかなかいい写真が撮影できます。
スペックは下記です。

有効画素数 1600万画素
画面サイズ 3 インチ
可動式液晶
連続撮影速度 (コマ秒) 5.00
ズーム倍率 (光学) 4倍
焦点距離 (広角側) 25 mm
焦点距離 (望遠側) 100 mm
F値 (広角側) 2 f_stop
F値 (望遠側) 4.9 f_stop
シャッタースピード 1/2000 seconds
ファインダー付き
WiFI 有り
防水性 15m
カラー レッド
重量 247 g
奥行き 3 インチ
その他 電子コンパス・顕微鏡モード・100kg耐荷重

キャンプ、登山、ダイビング、スキーやスノボーなどで活躍しそうなスペックです。
特に、100kgまでの重さに耐えれると言うのは、間違って踏んでも大丈夫という事なんです。

オリンパスTOUGH タフ

私のお気に入りは、顕微鏡モードです。
接写できるだけではなく、接写した上に倍率が上がる事で実現しているようです。
トカゲの足の写真ですが、ここまでは「接写」かなぁ~

オリンパスTOUGH タフ

これが顕微鏡モードです。
トカゲの指の裏の映像です。

この、指先のヒダヒダがあるので、壁やガラスを自由に登ったり、天井に張り付いたりできるんですね。
この写真を撮影した時には、本当に驚きました。

SDカードや有線で、スマートフォンにデータを移動させようとすると、カメラ本体からSDカードなどのメモリを取り出したり、ケーブルを接続するためにどこかの蓋を開けなければなりません。WIFIが内蔵されていますので、スマホからアクセスして、ダイレクトに写真をダウンロードできるんです。

更に、同時にたくさんのスマホからのアクセスに対応できるので、写真の配布も一気にできますし、アウトドアや、海辺などでSDカードを取り出すのが嫌な人にはうれしい機能です。

同じものがこれです。
2015年に発売されましたが、オリンパスの防水デジタルカメラとしては、現時点でも最高峰のようです。

OLYMPUS(オリンパス)デジタルカメラThough TG-4の便利なオプション

フラッシュディフェーザーというオプションです。
本体のフラッシュを利用しライティングすることで、手持ちでマクロの写真撮影を行う時に利用するオプションです。
暗いところでのマクロ撮影や、動く虫などを明るく撮影できるので、プロ並みの出来上がりになります。
水中での撮影では、魚だけを明るく撮影できたり、背景を暗くした写真を撮ることも可能なので、一眼レフカメラ並みのレベルの高い写真撮影が可能です。
また、撮影に合わせて、約1.4段分の光量差でライティングの調整可能です。

このデジカメには、スペシャルなオプションパーツが色々と用意されていますが、ダイビング用のオプションがすごいんです。
本体だけでも、15mの防水性能なので、プールや川遊び、シュノーケリングなどに普通に使えますが、本格的なスキューバーダイビングには利用できません。

この、防水プロテクタ防水プロテクター PT-056を装着する事で、耐圧水深45mまでの防水性能に進化します。
防水プロテクターの中に入れているときも、WIFIの利用が可能なので、プロテクターに本体を入れっぱなしで写真をスマホに取り出せます。

まんじろう
Facebookやinstagram、twitterなどのSNSへの投稿もリアルタイムに行えますよ~

キャノンの防水デジタルカメラ Power Shot D30 (25m防水)

No1カメラメーカーCanonの防水デジタルカメラです。
最大の特徴は、耐圧水深25mというところですね~
耐衝撃も2mと頑丈なので、アウトドアのあらゆるシーンで利用可能ですが、WIFI機能がありません。

有効画素数 1210万画素
撮像素子 1/2.3型
画面サイズ 3 インチ
可動式液晶
連続撮影速度 (コマ秒) 1.9
ズーム倍率 (光学) 5倍
ズーム倍率 (デジタル含む) 4倍
焦点距離 (広角側) 28 mm
焦点距離 (望遠側) 140 mm
F値 (広角側) 3.9
F値 (望遠側) 4.8
シャッタースピード 1/1600秒
最低 / 最高撮影感度 (拡張感度) ISO 100~3200
ファインダー付き
ファインダータイプ 光学式ファインダー
WiFI 無し
手ブレ補正 有り
付属機能、特徴 顔認識機能、GPS機能付き、防水25m、耐寒-10度、耐衝撃2.0m
記憶メディア SDHCカード
映像圧縮方式 MP4
防水性 防水
防水深度 25 m
カラー ブルー
バッテリータイプ リチイムイオン電池

手振れ補正付きで、光学5倍ズームですが、F値が3.9なので、コンパクトデジタルカメラとしては、ちょっと暗いかもしれません。

ニコン防水デジタルカメラ COOLPIX AW130 (30m防水)

NIKONの高性能、防水デジタルカメラ、AW130です。
1600万画素の高画質に加えて、防水30mと耐衝撃2.1m、GPSまで搭載されている高機能機ですね。

カメラ好きの方には、キャノンがいいとか、ニコンがいいとかメーカーの好みもあると思いますが、NIKON派は、AW130の一択でしょうね。

ボディーカラー(色)も4色+迷彩柄の5色なので、男性、女性を含め、幅広い層で使えそうです。

有効画素数 1605万画素
撮像素子 1/2.3型
画面サイズ 3 インチ
可動式液晶
連続撮影速度 (コマ秒) 7
ズーム倍率 (光学) 5 倍
ズーム倍率 (デジタル含む) 4倍
焦点距離 (広角側) 24 mm
焦点距離 (望遠側) 120 mm
F値 (広角側) 2.8 f_stop
F値 (望遠側) 4.9 f_stop
シャッタースピード 1/4000秒
最低 / 最高撮影感度 (拡張感度) ISO 125~6400
ファインダー付き
レンズ構成 10群12枚
WiFI 有り
手ブレ補正 有り
付属機能、特徴 GPS機能付き、フルハイビジョン動画
付属品 ストラップ AN-CP23・Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL12・本体充電ACアダプター EH-73P・USBケーブル UC-E21・ブラシ BU-2
記憶メディア SDカード
防水性 IPX8
防水深度 30 m
カラー イエロー
バッテリータイプ リチウムイオン電池

スペックだけで言えば、キャノン、オリンパスと比較すると、一番高機能かもしれません。

防水・・・30m
耐衝撃・・2.1m
GPS付き
フルハイビジョン動画撮影
5倍ズーム
F値に関しては、オリンパスの方が◎

リコー 防水デジタルカメラ RICOH WG-50 (14m防水)

2017年6月30日に発売開始の防水デジタルカメラ WG-50です。
重量が、見た目は一番アクティブな雰囲気ですが、専用のストラップとカラビナでリュックやベルトに取り付けるスタイルが似合うカメラです。

撮像素子 1/2.3型
画面サイズ 2.7 インチ
可動式液晶
連続撮影速度 (コマ秒) 10
ズーム倍率 (光学) 5 倍
ズーム倍率 (デジタル含む) 7.2倍
焦点距離 28 mm
焦点距離 (広角側) 28 mm
焦点距離 (望遠側) 140 mm
シャッタースピード 1/4000秒
測距点 9点
最低 / 最高撮影感度 (拡張感度) ISO 125~6400
ファインダー付き
WiFI 無し
手ブレ補正 有り
記憶メディア SDHCカード
撮影機能 デジタル顕微鏡撮影
映像圧縮方式 MPEG-4 AVC/H.264
内蔵メモリー容量 0.068GB
防水深度 14 m
カラー オレンジ
バッテリータイプ リチウムイオン電池

スペック的には大きな特徴は無く、GPSもありません。
しかし、リコーの画質が好き(私もそうですが・・・)という方の、アウトドア用カメラとしては、この製品ですね。

他のカメラに無い唯一の機能は、レンズの周りのLEDフラッシュです。
水中での撮影と、顕微鏡モード(マクロ撮影)で、大きな効果を発揮します。

また、リコーといえば、工事現場などの記録写真に多く利用されていますが、WG-50も業務用として、ハードな環境で利用されているようです。

まんじろう
見た目は、一番、キャンプに連れて行きたいカメラです。

富士フイルム 防水デジタルカメラ XP120 (防水20m)

FUJIFILEMの防水デジタルカメラXP120です。
他の主要カメラ―メーカーとほぼ同等の機能ですが、大きな特徴はデジタル望遠を合わせて、10倍ズーム機能があります。

また、デザイン的には、本体の右側が握りやすそうなグリップ形状になっています。
使ってみると、意外とこの形が良かったりするのですが、収納するときにはじゃまだったりもするので、自分の持ち運び方法がどんな感じになるかを良く考えてから購入した方がいいですね。

1.常に手に持って運ぶ ◎
2.首から下げる ○
3.バックやポシェットに入れる △

有効画素数 1640万画素
撮像素子 1/2.3型
画面サイズ 3 インチ
可動式液晶 いいえ
連続撮影速度 (コマ秒) 10
ズーム倍率 (光学) 5 倍
ズーム倍率 (デジタル含む) 10倍
焦点距離 5 mm
焦点距離 (広角側) 5 mm
焦点距離 (望遠側) 25 mm
F値 (広角側) 3.9 f_stop
F値 (望遠側) 4.9 f_stop
最低 / 最高撮影感度 (拡張感度) ISO 100~6400
ファインダー付き いいえ
レンズ構成 11群13枚
WiFI 有り
手ブレ補正 有り
付属機能、特徴 タイムラプス、フルハイビジョン動画、光学手振れ補正
付属品 充電式バッテリーNP-45S ACパワーアダプターAC-5VF プラグアダプター ストラップ 専用USBケーブル 使用説明書 保証書一式
記憶メディア SDHCカード
防水性 IPX8
防水深度 20 m
カラー ライム
バッテリータイプ リチウムイオン電池

まとめ

主要な国産カメラメーカー(キャノン、ニコン、オリンパス、リコー、富士フイルム)の防水デジタルカメラの紹介をしました。

本体の販売時期にズレがあるため、後から販売されたものが少しだけスペックが良かったりしますが、画素数などは100~300違っても普通に写真を見るだけでは気づかない差と思います。

しかし、「WIFI」や「フルHD動画」動画などは、最新機種に搭載されているようです。

キャンプに使うのか?スキーでも使うのか?スキューバーダイビングにも持っていくのかなど、自分の利用ニーズに合わせて、「防水カメラ」を1つ持っているとすごく使えます。
私もほとんどのアウトドアの写真は、スマホで撮影しますが、海での海水浴がセットのキャンプや、雨が降るキャンプの時は、防水デジタルカメラが活躍します。

ポータブル電源販売No1 ArQ

ポータブル電源ArQ 人気ナンバーワン



-オリンパス, キャノン, デジタルメーカー, ニコン, リコー, 便利アイテム, 富士フイルム

Copyright© 万次郎のキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.