2121年発売SOTOの新製品~ミニマルシリーズ

2021年3月7日

こんにちは、万次郎です。

2021年のSOTO新製品が発表され、春から販売されています。
今回の新商品は、話題のHinoto(ひのと)に注目が集まっていますが、実はレギュレーターストーブを強化するキャンプギアも優秀です。

それは、「ミニマルワークトップ」、「ミニマルクッカー角」、「ミニマルバック」の3つは良いですね~

レギュレーターストーブを持っている方は、欲しくなる3アイテムだと思います。

私もレギュレーターストーブを持っていますが、購入を検討しています。

SOTO(富士バーナー)20201年新製品

SOTO 2021年新製品

SOTOの2021年アウトドア新製品です。

注目の「Hinoto」(ひのと)、レギュレーターバーナーの上部にセットできるミニテーブル「ミニマルワークトップ」、すごく便利そうな「ミニマルクッカー角」、そして、ワークトップとクッカー角を収納できる「ミニマルバック」、このミニマルシリーズはレギュレーターストーブを含めスタッキングして、ガス缶2本と一緒に「ミニマルバック」に収納できます。

2バーナーも新しいバージョンが発売されます。
そして、2バーナーには、専用の「パワーブースター」もオプションとして用意されています。

便利ツール「ガス抜きツール」もありそうでなかった、アイデア商品ですね。

SOTO  2バーナー ST-527
2121年発売SOTOの新製品~2バーナー/その他

こんにちは、万次郎です。 2021年のSOTO新製品で、2バーナーが発表されました。元々、2バーナー ...

続きを見る

ミニマルワークトップ ST-3107

SOTO ミニマルワークトップ

参照:SOTO公式HPより

ミニマルワークトップは、SOTOの人気シングルバーナー「レギュレーターストーブ」の上にセットするだけで、自分だけのミニキッチンとなる画期的な、テーブルです。

実は、同じような自作系の商品がネットで販売されていましたが、意外と人気でした。

今回、高機能なミニテーブルがSOTOから販売されることにより、レギュレーターストーブの人気が更に高まりそうですね。

SOTO ミニマルワークトップ

参照:SOTO公式HPより

製品の全貌は、こんな感じです。

まんじろう
かっこいいですね~
外形寸法(展開時) 幅376×奥行153×高さ95mm
外形寸法(収納時) 幅300×奥行153×高さ33mm
重量 約600g
材質 アルミニウム(トップボード、スタンド)
ステンレス(トッププレート、スタンド)

サイス感もいいですね。

収納時の厚さが33mmになるのは、さすがSOTOだと思います。

SOTO ミニマルワークトップ

参照:SOTO公式HPより

バーナー部分は、輻射熱から本体やガスボンベを守るための強固なトッププレートとなっています。

既にサードパーティー製(メーカー外)がたくさんあるので、SOTOも本気出してるなぁ~という作りですね。

ミニマルワークトップの使い方

SOTO ミニマルワークトップ

参照:SOTO公式HPより

レギュレーターストーブは、縦、横のどちらでも装着できる仕様です。

推奨の鍋やフライパンのサイズは、16cm以下となっています。

私も、近いうちに手に入れて、色々な鍋で試してみようと考えています。

ミニマルワークトップの付属品

SOTO ミニマルワークトップ

参照:SOTO公式HPより

収納時は、こんな感じです。

ミニマルワークトップに必要な部品が、全て一体化して厚さ約3cmに収まります。

また、専用の収納袋も付属しています。

ミニマルクッカー角

SOTO ミニマルクッカー角 ST-3108

参照:SOTO公式HPより

SOTOミニマルクッカー角(ST-3108)です。

通常の2倍となる1.6mmの厚さのアルミ製ナベのため、炊飯を含めて色々な料理に活用できます。
鍋の厚さが厚いことにより、へこみや歪みの心配も少なくなりますよね。

簡単な料理で済ませたいソロキャンプの時など、鍋はこれ1つでやれそうです。

SOTO ミニマルクッカー角 ST-3108

参照:SOTO公式HPより

外形寸法(収納時) 幅147×奥行147×高さ80mm
重量総重量 約375g 
鍋本体+フタ:約306g
リフター:54g
収納袋:15g
内容量 1.0L
材質 鍋本体+フタ:アルミニウム、
リフター:ステンレス
付属品 収納袋
SOTO ミニマルクッカー角 ST-3108

参照:SOTO公式HPより

容量1.0Lの鍋で、袋めんが割らずに入ります

クッカーは、丸がいいのか、角がいいのか・・・

キャンパーの中では賛否両論ありますが、角のメリットとしては、ラーメンを割らずに入れれる以外にも、お湯やスープを注ぎやすいなどありますね。

クッカーは、何を何人分作るかと、好みなので最後は自分で決めるしかないですよね~

トランギア フルセット
トランギア・ストームクッカーを一式揃えてみました。(Trangia)

こんにちは万次郎です。 なかなかキャンプに行けない日々が続いていますが、トランギアのストームクッカー ...

続きを見る

ミニマルクッカーでスタッキング

SOTO ミニマルクッカー角 ST-3108

参照:SOTO公式HPより

なんと、ミニマルクッカー角には、レギュレータストーブがスタッキングできるのです。

それも、ジャストフィット!!

実は、これが意外とメーカーならではの設計だと思っています。

人気のシングルバーナー、SOTOレギュレーターストーブです。

ミニマルクッカー角を使うなら、シングルバーナーもSOTOで揃えたいですよね。

SOTO ミニマルクッカー角 ST-3108

参照:SOTO公式HPより

そして、ミニマルワークトップともスタッキングできるのです。

いやぁ~これは、2021年の新製品の目玉ですね~

SOTO ミニマルワークトップ
2121年発売SOTOの新製品~ミニマルシリーズ

こんにちは、万次郎です。 2021年のSOTO新製品が発表され、春から販売されています。今回の新商品 ...

続きを見る

ミニマルバック ST-3109

SOTO ミニマルバック ST-3109

参照:SOTO公式HPより

ミニマルバックです。

「ミニマルワークトップ」、「ミニマルクッカー角」と同時に販売されたバックですが、それはこのバックの利用方法に理由があります。

しれは、「ミニマルワークトップ」と「ミニマルクッカー角」、ガスボンベ2本を入れるとジャストサイズなんです。

SOTO ミニマルバック ST-3109

参照:SOTO公式HPより

良いですね~

ミニマルワークトップにミニマルクッカー角をスタッキングした状態で、すっぽりと収まります。
そして、ワークトップ収納時サイズは、クッカー角とガスボンベを足した長さになるんですね。

上記でも説明しましたが、ミニマルクッカー角の中には、レギュレーターストーブをスタッキングできるので、このバック1つでソロキャンプのキッチンセットとして、十分かも知れません。

外形寸法(バッグ本体) 幅360×奥行×120×高さ200mm
外形寸法(ショルダーベルト) 550~900mm 幅30mm
重量 395g
材質 バック(ポリエステル)
ショルダーベルト(ポリエステル)
中敷き(ポリエステル/ポリエチレン)
SOTO ミニマルバック ST-3109

参照:SOTO公式HPより

ミニマルバックに入るSOTO製品です。

ミニマルシリーズのまとめ

まんじろう
率直にミニマルいいですね~

「ミニマルワークトップ」「ミニマルクッカー角」「ミニマルバック」、SOTO好きの方や、これからシングルバーナーやソロクッカーを購入する人は、候補にしても良いのではないでしょうか。

レギュレーターストーブは、元々オプションでカスタマイズできるシングルバーナーですが、今回のミニマルシリーズで更なるカスタムになります。

発売当初は、売り切れが続く商品となる可能性もありますが、見つけたら即ゲットして下さい

レギュレーターストーブの別メーカーのオプション

ちなみに、レギュレーターストーブの天板は、既にたくさんの商品が販売されています。

どれも、おしゃれでです。

幅広のレギュレーターストーブ用のテーブルです。

滑り止めのシリコンチューブ付きのテーブルです。

5秒以内に展開と収納が実現できる便利なテーブルです。

ポータブル電源販売No1 ArQ

ポータブル電源ArQ 人気ナンバーワン



RSS お得な情報・すごナビ

RSS 水素で健康になる

-SOTO, クッカーセット, テーブル, 便利アイテム

Copyright© 万次郎のキャンプブログ , 2021 All Rights Reserved.