永光卵の製造元、光永ファームに行って来ました

こんにちは、万次郎です。

朝ごはんの後、かずさオートキャンプ場の近くを探検してきました。

見どころないかなぁ~とスマホのマップを見ていたところ、房総半島の道の駅などでよく見かける「永光卵」の製造元、光永ファームが近くにある事が分かりました。

房総半島でキャンプする時には、よく使う超~おいしいい卵が、永光卵です。

今回も、ちょうど買おうと思っていたので、メンバー大賛成で、行って来ました。

光永ファーム

光永ファーム 永光卵

光永ファームの敷地内にある、直売所です。

もしかしたら、養鶏場など、見学できるかなぁ~なんて、思っていましたが、色々な病気を人間が持ちこむらしく、養鶏場には1歩も入れませんでした。

しかし、製造元が直営しているお店には、色々な種類の「永光卵」が販売されていました。

栄光ファームには色々な永光卵がありました

光永ファーム 永光卵

これは、道の駅などでも見かけることが多い、永光卵です。

赤卵で、大きくて割ると黄身がしっかりしています。

房総半島のお土産などで買って帰る人も多いと思います。

この、光永ファームで購入する大きなメリットは、道の駅などで買うよりも、何百円か安いんです

お得です!

光永ファーム 永光卵

「永光卵小玉ちゃん」と言うのもあります。

通常流通しているサイズよりも小さいらしく、その分通常サイズよりも安いですね。

光永ファーム 永光卵

「永光卵の訳あり卵」です。

卵自体の色のムラや、サイズがふぞろいのパックです。

これも、お得なですね~

光永ファーム直営店だけの商品のようです。

光永ファーム 永光卵

そして、これが奇跡の出会い~

「永光卵の若鳥のうみたて卵」なんです。

年に2回だけ、数量限定で販売される卵らしく、偶然にも我々が行った時に販売されていました。

直営店には、地元の人も数人、永光卵を買いに来ていましたが、全員がこの「若鳥のうみたて卵」を購入されていました。

いやいや~ラッキーです。

当然ですが、我々が購入したのも、「永光卵 若鳥のうみたて卵」をゲットしました。

卵は燻製にして食べてみました

光永ファーム 永光卵

半辱卵を作るため、SOTOのシングルバーナーで正確に時間を測って、ゆで卵にします。

焼き鳥を燻製
キャンプ場で焼き鳥の燻製をやってみました~かずさオートキャンプ場

こんにちは、万次郎です。 8月の平日に、千葉県南房総のかずさオートキャンプ場に来ています。 キャンプ ...

続きを見る

詳しくは、上記のリンクで説明しています。

ゆで卵を作るのに使ったのは、ユニフレームの山フライパン(深底)です。
フライパンなんですけど、深底は鍋としても十分使えます。

バーナーは、お気に入りSOTOレギュレーターストーブです。
火力も安定していて、焚き火や炭火を使いたくない、夏場のキャンプでは大活躍です。

熱いダッチオーブンもそのまま置けるテーブル、ユニフレームの焚き火テーブルです。
ロングセラーの商品ですが、現在はラージタイプという大きいタイプも販売されいます。

光永ファームまとめ

場所は、ここです。

かずさオートキャンプ場から、車で10分くらいのところにあります。

店員さんも親切で、卵以外にも地元や千葉のお土産も販売しています。

ちなみに我々は、キャンプ撤収後に、お土産たまごを買うために、帰り道に立ち寄りました。

永光卵が好きな方や、興味のある方は行ってみると面白いと思います。

ポータブル電源販売No1 ArQ

ポータブル電源ArQ 人気ナンバーワン



-SOTO, シングルバーナー, テーブル, フライパン, ユニフレーム, 千葉県, 限定商品

Copyright© 万次郎のキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.