クレイモア VS ルーメナー 充電式ランタン対決

こんにちは万次郎です。

最近のグループキャンプでは、クレイモアやルーメナーのような、薄型で充電式のLEDランタンをよく使います。

明るさの調整も簡単にでき、広範囲を照らすことができるのでグルキャンの大型タープの下ではすごく活躍してくれます。

キャンプギア好きのメンバーと行く時は、ガスランタンやオイルランタンなど使い事が多いのですが、LEDはメンテも不要で便利です。

私は、クレイモアをよく使う事があるので、ご紹介したいと思います。

CLAYMORE(クレイモア)の特徴

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)

現行のPrism(プリズム) CLAYMORE(クレイモア)は、充電式LEDランタンです。

ウルトラプラス(ULTRA+)と、ウルトラミニ(ULTRA-MINI)と言うシリーズで分かれています。

どちらのシリーズも複数のLEDライトがパネルとして作られており、電球色、昼白色と昼光色の切り替えができます。

そして、Lサイズは、2,700ルーメンと言うすごく明るいランタンです。

 CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)

そして、ダイヤルで光量の調整を行えます

ボタンの長押しとか、押す回数で変えるタイプが多い中、ダイヤルで微調整できます。

まんじろう
これが意外と便利!

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)

ダイヤルがある反対側には、充電用のUSBポートと、出力用のポートがあります。

現在のバッテリー容量も4段階でランプが点灯しますので、充電の目安になります。

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)

出力用のポートから、スマホなどへのバッテリー供給ができます。

ランタンとしての使い方と、モバイルバッテリーとしての機能も兼ね備えてます。

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)

足も付いていますので、テーブルに自立して置くことも可能です。

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)

足をフックとして、吊り下げる事も出来ます。

机上での設計ではなく、キャンプやアウトドアを知り尽くした担当者のベース設計だと思います。

クレイモアウルトラプラスの比較表

 機能/サイズ Sサイズ Mサイズ Lサイズ
明るさ・稼働時間
(電球色・昼光色)
30Lm ~ 600Lumen
7時間 ~ 50時間
40Lm ~ 1,100Lumen
8時間 ~ 80時間
50Lm ~ 1,350Lumen
11時間 ~ 100時間
明るさ・稼働時間
(昼白色)ターボ
60Lm ~ 1,200Lm
3時間30分 ~ 25時間
80Lm ~ 2,200Lm
4時間 ~ 40時間
100Lm ~ 2,700Lm
5時間30分 ~ 50時間
⾊温度
(3段階)
電球⾊ : 3000K、昼⽩⾊ : 4200K、昼光⾊ : 6500K (±15%)
サイズ 120mm
× 90 × 34
160mm
× 90 × 34
200mm
× 90 × 34
総重量 275g 405g 545g
バッテリー容量 7,000mAh
(25.2Wh)
11,600mAh
(41.76Wh)
17,400mAh
(62.64Wh)
充電時間 2.5時間 6時間 7時間
USB⼊出⼒ 5Vー2A
防⽔防塵 IP44

 CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)Sサイズ CLC-800ULPBK

 

 

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)Mサイズ CLC-1300ULPBK

 

 

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA+(ウルトラプラス)Lサイズ CLC-1800ULPBK

 

CLAYMORE(クレイモア)ULTRA MINI(ウルトラミニ) CLC-400DG

 

 

明るさ・稼働時間
(電球色・昼光色
30Lm ~ 500Lumen
6時間 ~ 24時間
⾊温度
(3段階)
電球⾊ : 3000K、昼⽩⾊ : 4200K、昼光⾊ : 6500K (±15%)
サイズ 幅 85mm
× 66 × 27
総重量 116g
充電時間 6時間30分
USB入出力 5V-1A
防水防塵 IP 64
カラー ダークグレー/レッド
付属品 MicroUSB充電ケーブル / ランタンハンガー(Sフック)2個 / カラビナ1個 /
専用ハードケース

ウルトラミニは、コンパクトに軽量に作られているクレイモアです。

常にポケットに入れていても邪魔にならないので、夜、トイレに行く時などの懐中電灯代わりに便利です。

LUMENA(ルーメナー)LEDランタンの特徴

lumena LEDランタン

ルーメナーも人気の充電式で薄型のLEDランタンです。

内臓のコントロールボードの改良により、従来製品と比較して長時間利用しても最後まで明るさが変わらない改良が施されているようです。

ボディーカラーも迷彩色を含め、色々な柄が用意されていて男性から女性の幅広い層に人気です。

また、バッテリーとしても10,000mAhの大容量というもの良いですね~

機構/タイプ ルーメナープラス ルーメナー2 ルーメナー7
サイズ 146mm×96mm×28mm 129mm×75mm×23mm 92mm×92mm×26mm
総重量 440g 280g 220g
バッテリー 20000mAh 10000mAh 10000mAh
明るさ 150~1800lumen 100~1500lumen 260~1300lumen
連続点灯時間 12時間~160時間 8時間~100時間 8時間~100時間
色温度 電球色、昼白色、昼光色 電球色、昼白色、昼光色 電球色、昼白色、昼光色
充電時間 8時間 5時間 5時間40分
防水 IP67

ルーメナープラス(LUMENA+

 

LUMENA(ルーメナー)シリーズの中では、光量が大きく電池も大きい(20000mAh)のため、モバイルバッテリー兼用として人気がある製品です。

1000ルーメンあれば、十分明るいのでメインランタンとして利用できます。

ルーメナー2(LUMENA2)

 

防水性が高く、タフな使い方をする人向け

スマートフォン防水ケース
キャンプの必須アイテム スマホ防水ケース IP67とかIPX8など色々ありますね

こんにちは、万次郎です。 キャンプの時に、スマートフォンを家に置いていく人少ないですよね~ 天気情報 ...

続きを見る

ルーメナー7(LUMENA7)

 

コンパクトで軽量な、ルーメナーです。

ソロキャンプ、夜のトイレに行く時などの懐中電灯代わりとして十分な明るさです。

ボディーのカラーがたくさんあるので、自分の好みで色や柄を選べます。

充電式LEDランタン対決のまとめ

人気の充電式ランタンの「クレイモア」と「ルーメナー」の機能比較をしました。

LEDランタンに何を求めるか?
という事で、良い比較になったと思います。

最も明るく、長時間使いたいとなると、バッテリーが大きくLEDの数も多くなります。

また、なるだけ小さくて、軽くて、明るいランタンとなれば、クレイモアウルトラミニになるんですかね~

雨の中で使うわけではないけれど、もしかしたら濡れる可能性がある・・・
キャンプあるあるの話です。
そうなると、クレイモアはプラスはIP44、ミニはIP67、ルーメナー2は、IP67と言う防水性になっています

本当に、似たような機能にも関わらず、各メーカーが複数のシリーズを販売しているは、購入者の要望を1種類ではカバーできないからだと思います。

ちなみに私は、クレイモアMを愛用しています。

ポータブル電源販売No1 ArQ

ポータブル電源ArQ 人気ナンバーワン



-キャンプ道具, ランタン, 便利アイテム

Copyright© 万次郎のキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.