山形県に無料で利用できるバンガローがありました

2017年7月17日

古竜湖キャンプ場

こんにちは、万次郎です。
先日、山形県でキャンプを楽しんできたのですが、古竜湖キャンプ場は、無料でコテージが利用できました。
山形県が運営しているので、実現できる「完全無料」のバンガローとキャビンが、13棟、テントサイトが30張というキャンプ場です。

まんじろう
普通一泊、4000円くらいはしそうないい感じのバンガローですね~

古竜湖キャンプ場

山形市内からのアクセスが便利なキャンプ場

蔵王温泉

蔵王山(熊野岳)に登った後に、蔵王温泉で日帰り温泉に入りました。
今回は、「新右衛門の湯」という宿泊の無い、日帰り専門の温泉でしたが、蔵王特有の乳濁色の気持ちいお湯で、目に入ると痛い本物でした。

蔵王温泉から車で約40分くらいでキャンプ場へは到着しましたが、山形駅から車で30分、山形自動車道山形蔵王インターチェンジから車で20分という便利な立地です。
好立地ですが、山形市の方針で本当の自然を楽しんでもらおうと、電源や自動販売機などもありませんので、しっかりと食料や飲み物を持って行くことをおススメします。

近くのコンビニまでは、車で20分くらいはかかったかな~
山形市内に出るのと、あまり変わらないくらいの距離です。

古竜湖キャンプ場

キャンプ場は、高台にあるため、山形市内が一望できます。
夜景の写真を撮影する時間には、まんじろうは、酔っぱらっていました。

キャンプは東北と山形県ずくしでした

山形に乾杯

買い出しも終わり、バンガロー前にタープを設置して、いざ、バーベキュー大会の始まりです。

今回の、ファーストドリンクは、「山型に乾杯」です。

キリン一番搾りのご当地ビールですが、現地に行かないと購入できないちょっとだけレアなビールです。
以前、「東京に乾杯」を飲んだことがありますが、次のご当地ビールが山形になるとは思っていませんでした。

意外と、このビール盛り上がります。

まんじろう
山形に乾杯~
まりこ
蔵王山にかんぱーい!!

と、ついつい、BBQのスタートからいい感じになるんです。

牛タン

そして、となりの宮城県(仙台)の牛タンです。

買い出し担当が、大量に牛タンを大量に買ってきたので、「牛タン祭り」が始まりました。
厚切り牛タン、高級牛タン、特価品牛タンなど、色々と食べましたが、牛タンに関しては、値段が高い肉が一番おいしいと言う結論になりました。

カルビやハラミだと、値段と味が逆転することもあるのですが、牛タンは正直です。

今回、持って行ったバーベキューコンロは、UNIFLAMEのファイアグリルです。
収納する時は、足が折りたためて、上の皿の中に入るので、ムチャクチャコンパクトになります。
今回の東北遠征は、男5名だったのですが、このバベキューコンロで十分でした。

ワイン蔵王スター

そして、バベキュー後半は、「蔵王スター」と言うワインを飲みました。
蔵王山の麓で、特別限定醸造ワインの蔵王スターを飲むなんて、オシャレですよね~

冬場は、シェラカップでホットワインにするんですが、今回は、そのまま飲みました。

シェアカップ

蔵王山にカンパーイ!!という感じです。

冬は越乃寒梅でふぐひれ酒

こんにちは、万次郎です。 年末に最後のキャンプをやろう~と言うことになり、極寒の中で冬キャンしました ...

熊が出たキャンプ場ですが、管理人が24時間いてくれます

管理人室 古竜湖キャンプ場

これが管理人室です。

我々が宿泊するバンガローとほぼ同じの作りです。
キャンプ場に入ると、すぐ左にあります。

このキャンプ場は、無料なんですが、予約が必要です。
予約すると、予約を受け付けた証明書が郵便で送られてきますので、その紙を持ってこの管理人室に行くと、バンガローの鍵を渡してくれます。

管理人さんは、大変いい人で、気さくに山形の話しやキャンプ場の話しをしてくれました。

特に、驚いたのは、1年くらい前に高台にあるバンガローの中でハチミツを保管していたところ、そのハチミツを奪いに熊がやって来て、バンガローのドアを壊し、中のハチミツを全て持って行ったそうです。いや~怖い。
それから、定期的に爆竹を鳴らして人がいる事を熊に知らせるのも、管理人の仕事になったとの事です。

山形県に熊がいるのは有名な話ですが、実際に生々しい話を聞くとビビりますね。
<クマ目撃マップ 山形県>

古竜湖キャンプ場
古竜湖キャンプ場 山形県

山形県の山形市内から車で30分くらいのところにあるキャンプ場、「古竜湖キャンプ場」です。 山形市が運 ...

雨のキャンプはタープが必須です

ロゴスタープ

今回は、バンガローをあらかじめ予約したので、タープのみを持って行きました。
我々のタープは、超大型のロゴス製レクタタープです。

到着して、間もなく、強い雨が降りましたがタープの下でバーベキューしたので、何も問題ありません。
購入するタープのサイズに関して、質問されることがありますが、間違いなく大きいタープが便利です。

レクタタープは、ポールを6本使うので張るのが大変そうに見えるのですが、コツを覚えればヘキサを張るのと大差はありません。
大きいレクタだと、タープ下のスペースが広いので、多少強い雨でも普通にキャンプを楽しめます。

タープの設置場所は、テント用に水はけを改善した場所でした。
いや~いいキャンプ場だぁ~

ロゴスのこのレクタタープは、値段の割には高機能です。
他の有名キャンプメーカーで、この大きさの物を買おうと思うと、すごく高いんですよね~

スノーピーク製です。

テンマクデザイン製です。

ロゴスタープ

翌朝です。
タープがイマイチ乾いていなかったので、車のボンネットの上で日光に当てました。

車のボディが熱くなるので、いい感じに乾きます。
濡れたまま畳むと、水が残った部分だけ、撥水効果が薄れるので、タープはちゃんと乾かしましょう。

まとめ

我々のキャンプ部、初の山形県遠征でしたが、すごくいいキャンプ場でした。
今回の、古竜湖キャンプ場には、1つだけ、ケビンと呼ばれる大型のバンガローがあります。

おそらく、8人用だと思いますが、そこだと、屋根の下のウッドデッキでバーベキューできそうです。
当然、無料なので一番人気だそうですが、そこがゲットできれば、また、違ったアウトドアが楽しめると思います。

また、このキャンプ場に来たいと思います。

 

キャンプ場の詳しい情報はコチラ

ポータブル電源販売No1 ArQ

ポータブル電源ArQ 人気ナンバーワン



-キャンプ場, タープ, バーベキューコンロ, ユニフレーム, 山形県

Copyright© 万次郎のキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.